私の便秘は何が原因なのか?これは病院に行かなければいけない便秘なのか?

食物繊維25g以上

ありきたりといえば、ありきたりかもしれません。食物繊維をたくさんとること。とは言ったものの正直全てを食事で摂って欲しいとはガツガツいえません。便秘ガチでない方の推奨量、オススメの量はもっと少ないにも関わらず取れていない方は多くいるのです。なのに、普通に食事でとりましょうねと言われてもかなり難しいですし…。で思うのが、全てを食事で取ろうとせず、食物繊維を多く含む飲料、ゼリーなどで食物繊維の摂取量を増やしてみるのもいいと思うのです。食品でとろうと頑張りすぎて、それもストレスになったら本末転倒ですからね。ストレスも便秘の要因ですし、ストレスが大きくなりすぎたら他の病気になってしまうかもしれません。とは言ったものの、食品を料理するとき、外食する時に少しでも食物繊維の多いものを選んでいただければと思うので、食物繊維が多くて私的にお勧め食品をいくつか紹介させて頂こうと思います。さらに料理としたらどれぐらいなのっていうのも大体の感覚ですが書いてます。

・かぼちゃ 100gあたり(かぼちゃの煮物を小鉢で) 約7gちょっと

・ごぼう 100gあたり(ごぼうの炒め物を小鉢で大盛りめ) 約6g

・納豆 100gあたり (2パックほど) 約7g

・オクラ 100gあたり(オクラの和え物を小鉢で2皿ほど) 約5g

やっぱり食品だけだと大変そう…。ちなみに食物繊維はうどんや他の食品にも入っていることがあるので、食事を多く摂る方はその分摂取量も増えます。逆に少ない方はその分摂取量も減ってしまいます。ですから無理なダイエットをすればするだけ必要なものの摂取量がどんどん少なくなってしまうということです。せっかくのダイエットも便秘になってしまっては勿体無いと思うので、なるべく無理なダイエットは控えていただければなと思います。

※便秘の種類の中には、あまり摂取しない方がいい食物繊維もあります。便秘の種類についてはこちらで書かさせて頂きました。→ https://eiyo-chishiki.com/bempi_shurui/

 

水分の摂取

私たちが摂取する水分は、便を柔らかくするためにも必要です。それは便が水を多く含めば、含むほど柔らかくなるからです。そして便が柔らかいほど、腸をスムーズに移動できるので、便秘にならないようにするためには十分な水分摂取が必要になるのです。もし、必要以上に水分摂取が少なくなってしまった場合、便は固くなり、腸をスムーズに動けなくなり、それが多いと、どこかで詰まってしまうかもしれません。いつか、押し出されれば、いいのですが、そうできないとかなり危険な状態になってしまいます。水の摂取は喉が乾かなくても、不足している場合などあります。喉が乾く前に水分の摂取ができたらベストではないかと思っています。水は私たちにとってとても大事なんです。私たちは水です。あ、言い過ぎました。しかし、私たちの体はほとんどが水分でできているのです。もし、水分摂取がおろそかだったなと思う時があったのなら、それが便秘の原因かもしれません。

適度な香辛料や脂肪の摂取

以外や以外と思われたかもしれませんが、適度な香辛料や、脂肪は便秘の改善に役立つのです。香辛料は、腸を刺激してくれます。ちょっと前に立っている人なんかを突っついたら、うっ!て動くと思いませんか、そんなイメージです。適度な刺激は、腸を適度に刺激します。適度に腸が刺激されれば、動きにくかった腸が少し動くようになります。ですから適度な香辛料はとても大事なのです。ちなみに、私は刺激を与えたいなーと思う時はカレーを食べたりします。私にとってはとても効果抜群なんです。わら
もひとつ、脂肪ですが、おい、まて脂肪便だってあるから脂肪の取りすぎはどうなのっと思っていあられる方、適度な脂肪の摂取です。たくさん脂肪をとってと言っていると誤解されないようにあえて言いました。汗
では、なぜ適度な脂肪が、便秘にいいのかですよね。適度な脂肪は便が通る時の滑りをよくしてくれます。よく滑りが悪いなと言って、自転車や機械に油を塗ったりしませんか?そんな感じです。イメージしにくかったらごめんなさい。

※便秘には刺激するものがいけない種類もあります。おかしいと思う時は香辛料を控えた方がいいです。

腸内環境を整えてくれる食品達の摂取

よく言われる、善玉菌を増やすためにヨーグルトを摂取するというものです。便秘とは腸内細菌の悪玉菌と善玉菌とどっちとも言えない菌のバランスが悪くなることで起こるので、その環境を整えるために、善玉菌を増やすヨーグルトや飲料などの摂取が便秘改善に良いとされています。体調、薬、加齢などにより、善玉菌は減少しています。お腹の善玉菌がどれくらいだろうと判断することは難しいので、体調や食生活があまり良くないなと思ったりしたら、腸内の善玉菌を増やすためにヨーグルの摂取などをしてみるのはどうでしょうか?

生活習慣の改善や食生活の改善

生活習慣が不規則だったり、食生活が乱れると、その分、腸の働きも悪くなります。それらの乱れは腸がいつ動けば良いのか迷ってしまい、腸にに大きなストレスを与えてしまいます。そのストレスのせいで、腸が通常通り動いてくれなく結果便秘につながってしまうわけです。また、トイレの我慢のしすぎでも便秘になるので、トイレに行くのを我慢しすぎるのはよくないです。恥ずかしいと思うかもしれませんが、皆出しているものです。出さない人なんていません。ちょっともよおしたい時に座るだけでもうんと変わってくると思います。

 

適度な運動

適度な運動は、腸を刺激してくれるので便秘にいいとされています。ここで注意したいのが運動すれば、おのずと汗が体の外に出ます。その時、水分摂取をおろそかにすると便秘の原因になる水不足になってしまうので、運動する時は十分な水分補給を忘れないでいただければと思います。

前にどこかで見た私お気に入りストレッチ

お腹を横に右左動かすストレッチが結構おすすめなのでぜひ試してください。イメージは私たちのお腹にいる腸を刺激する感じです。と言っても激しくではなくゆっくり動かす感じです。

最後に

今回はお医者さんに行くか、行かないかの判断材料として自分で試せる便秘改善についてお話させていただきました。便秘とは、いろいろな種類があり、そもそも腸がおかしく、上記の対策を行っても改善しない便秘の種類もあったりします。おかしいと思ったら、我慢するのではなく一回病院に行ってみるのはどうでしょうか?たかが便秘かと思われるかもしれませんが、便秘は体にとっていいことなど一つもありませんし、時に死を招くこともあります。おかしいなと少しでも思ったら病院に行くことをおすすめします。

 

メニューを閉じる