赤血球の合成を葉酸と一緒に助けるビタミンB12について、神経にも関与しているその効能とは?

そもそもビタミンB12とは?なぜ葉酸と関係しているのか?

ビタミンB12は葉酸と同じ働きがあり、赤血球の生成を助ける働きがあります。同じ働きなのでよく葉酸と一緒に出てくるビタミンということです。では、ビタミンB12や葉酸が欠乏した場合、なぜ貧血になってしまうのでしょうか?

貧血というとよく鉄分不足を思い浮かべ、実際その通りなのですが、貧血には鉄不足というより、うまく貧血の元となる血を作れないという貧血があります

まさにそれが悪性貧血です。

ちなみに悪性貧血はビタミンB12不足でよく言われます。

話に戻りますが、元となる血を作れないとはどういうことでしょうか?

私たちの中には血液が全身に流れているのですが、その血液の中には、大事な働きをする赤血球というものがいます。

赤血球の大半は水とヘモグロビンというものでできていますが、その元となるヘモグロビンの合成を助けているのがビタミンB12や葉酸です。

ですからビタミンB12や葉酸が不足するとうまくヘモグロビンが生成できなく、赤血球の合成に障害が出てきます。

障害が出ると、赤血球が本来ある大きさよりも大きくなってしまい、よって赤血球が体内に少なくなり、赤血球の働きである酸素運搬がうまくいかなくなり貧血状態になるというものです。

ビタミンB12はその他に末梢神経障害にきくビタミンとも言われています。末梢神経とは体のいたるところにある神経系であり、末梢神経障害になると神経がうまく動作しない、感覚が感じ取れない(知覚障害)が起こったりします。

しかしこれらの症状は葉酸やビタミンB12の投与で改善されるものなので、もしこれらの症状を感じたら食事の見直しや、それでも治らない時はお医者さんに行ってください。

ビタミンB12の不足が起こりやすい方とは?

ビタミンB12は胃の中に存在するタンパク質と結合して、腸へ吸収されます。

しかし胃の切除などを行なっていると、腸へ吸収するための準備ができなく、ビタミンB12を食品からとっても吸収されません。

その他胃切除まで行かなくても胃に炎症がある方は通常の方よりビタミンB12の吸収が阻害されるために不足が起こりやすいと言われています。

そのほかに、菜食主義者や極端にお肉やお魚を減らした食事をされている方は不足が起こりやすいと言われています。(ビタミンB12は葉酸と働きは同じなのですが、野菜に多く含まれる葉酸とは違い、動物性の食品に多く含まれるため)

ビタミンB12不足で起こる欠乏症について

上の内容と少し被ってしまいますが、よく起こる欠乏症について簡単に書かさせていただきます。

・悪性貧血

    赤血球の生成がうまく行かなく起こる貧血。

・末梢神経障害

    神経に障害が起こり感覚がなくなったりすること

・ハンター舌炎

    舌がヒリヒリしたり、ツルツルしたりする貧血によって起こる舌の炎症

    など

ビタミンB12を多く含むオススメ食品

お肉やお魚などの動物食品に多く含まれるので、極端に日々の食事の摂取に動物食品を減らさない限りあまり気にしないでも大丈夫かと思います。

ビタミンB12の吸収はの胃の中に存在するタンパク質と結合で調整されているので過剰症の心配はいりません。

最後に

通常の食事に摂取をしていればビタミンB12不足はほとんど起こらないと言われています。しかし、欠乏しやすい方はよくビタミンB12を起こしかねないので、おかしいかも?っと思われたら、食事の調整やお医者さんに行っていただけると嬉しいです。

ビタミンB12不足はビタミンB12投与で改善されるので、もしハンター舌炎などの症状で不安がられている方などいたら教えてあげると少しホッとしていただけるかもしれません。この記事が少しでも何かの参考になれば嬉しく思います。

メニューを閉じる