疲れる原因はビタミンB1不足???不足のせいで病気になることも!!

そもそもビタミンB1ってなぜ必要なのか?どんな効果があるのか?

エネルギー不足だなと思うと、ご飯食べないと、糖質!糖質!と思う方いると思います。正解です!しかし、いくら糖質をどんなに摂ったところでエネルギー不足は解消されません。え!またまたーと思われたかた。本当なんです!。必要なのは摂取した糖質をエネルギーにすること糖質を食べたところでできるのは摂取したというところまでです。それをエネルギーにするにはその摂取したものを使う必要が出てきます。その使うのに対して必要な酵素というものがあるのですが、その酵素が頑張って働くために必要不可欠になって来るものがビタミンB1なのです。ビタミンB1が不足すると、その酵素の働きも悪くなり、結果摂取したものがうまく使われなく、食べてるのに疲れるといったことが起こるというもの。ですから、糖質を沢山とる方には、それを使うためにビタミンB1が必要不可欠になって来るということです。

ビタミンB1不足はどのような状態で起こるのか?

ビタミンB1はエネルギー不足に必要不可欠と言いましたが、そもそも私たちはどこでエネルギーを使っているのでしょうか?走った時、沢山動いた時、もちろんそうなのですが、静止している時にも、脳を動かすためにエネルギーを必要としています。むしろ息をするときも、常にエネルギーを必要としています。ここから分かる通り、エネルギー不足が行き過ぎると脳や神経系に異常をきたすこともあります。ビタミンB1での欠乏症で特に有名なのは脚気ですが、今現在では特に起こらないと言われています。が、全く起こらないわけではありません。いつもインスタンス食品を食べていたりする人はこの症状になったりする恐れもありますし、インスタンス食品だけ食べていなくても糖質を沢山摂取しているのに、ビタミンB1が不足していたらビタミンB1不足になることもあります。

ビタミンB1不足になりがちな方とは?

・インスタント食品ばかり食べている方。

・脂質より糖質を含むものを多く食べるが、ビタミンB1の摂取が間に合っていない方

・アルコールの摂取量が多い方

・ビタミンB1を多く含む食品

うなぎ、豚肉など

・ビタミンB1対決

白米 < 玄米

精米してある白米より玄米などの方が、ビタミンB1を多く含む胚芽が残っています。

最後に

今回ビタミンB1不足についてお話しさせていただきました。が、そこまで偏った食事をしていなければ、そこまで過度に心配する必要はないと思っています。さらに日々の食生活にビタミンB1さえあればというとそうでもありません。私たちが日々摂取する食品には色々な成分が入っており、それらをバランスよく摂取することが必要不可欠になって来るのです。今後、将来病気にならないためにも日々なるべく偏った食事をしないでいただけると嬉しいです。仕事が忙しくて時間がないから、そんな時間あったらと言わず、自分のために、自分の将来のために、自分を必要とする周りの人のためにバランスの良い食生活をできるだけしていただけたらと思います。

メニューを閉じる