リポタンパク質の種類について(CM、VLDL、IDL、LDL、HDL)

先に脂質異常症に関連する、TG、LDL、HDLについての説明

まず脂質異常症になると何がいけないかですが、脂質異常症と言われる状態になると動脈硬化になりやすくなってしまうので気をつけましょうというものです。

ちなみにこの動脈硬化とは血管、いわゆる血液が流れる空間が狭くなったり、しなやかさがなくなることです。

血管は私たちに必要な酸素や栄養素を運んでくれますが、動脈硬化(血管の通路が狭くなったり、しなやかさがなくなる)があると通るべきはずのものが通れなくなってしまったり、通れないものが多いとやがってつまってしまうというようなことが起こります。

これら起こることで脳梗塞などを発症してしまうので気をつけましょうというものです。

脂質異常症 →  動脈硬化 →    脳梗塞…etc

なので脂質異常症、通常より動脈(いわば血管)の異常があれば気をつけて、動脈硬化、脳梗塞などにならないようにしましょうというものです。

ではこの脂質異常症とTG、LDL、HDLにはどのような関係があるのでしょうか?

詳しいことは後ほど説明させていただくのでここでは簡単に説明させていただきたいと思います。

まずTGについてですが、これは脂肪を貯蔵して運搬している中性脂肪というものです。ではなぜTGなのか、これは別名トリグリセライドとも言われるからなのです。

でこれが高いということは貯蔵されている中性脂肪も多いということ。

中性脂肪が多いと、脂質の代謝を悪くしたり、肥満になることで様々な病気になりやすくなったり体に悪影響が起こります。脂質異常症でもあるため動脈硬化の原因にもなります。

次にLDLについてです。これはLDLコレステロールであり別名悪玉コレステロールとも言われています。これは体の組織(末梢組織)にコレステロールを運んでくるものです。運んでくるということは身体の中のコレステロールが多くなるということです。このことが原因で脂質のコントロールがうまくいかなく動脈硬化を起こす原因になりかねないので気をつけましょうというものです。

次にHDLについてですが、これはLDLとは逆のお仕事をするものです。身体に運ばれたコレステロールを逆に回収しにいくものです。なので、少ないと結果コレステロールが多くなるのでこれが少なすぎると脂質異常症と言われてしまします。

LDLとHDLのことを知ることで運んで、回収ってなんか…。って思いますよね。しかしこれら二つは大切なことです。

スーパーでなど考えてみてください。

売る量、買われる量が等しいと売る方は、無駄な在庫を抱えなくていいし、買いたい人も商品がなくなるということはないといったバランスが取れるのと同じことなのです。

バランスがとても大事なのです。

そもそも脂質になぜリポとかつくタンパク質が出てくるのか?

で早速LDLとHDLの話をしたいのですが、その前に『なぜ?脂質なのにリポタンパク質、タンパク質なの?』と思う方も多いと思うので少しだけこれについてお話しさせてください。

血管の中を流れているのは血液ですが、これは水と同じようなものだと考えてください。

水と油が混ざらないように、脂質も血液に入ることができないのです。

そこでアポタンパクという物質と結合してリポタンパク質に変身します。

変身するとまか不思議、なんと入れなかった血液中に入れるようになるといったものです。

なので脂質といえば、変身して血液中を移動できるようになったリポタンパク質というわけです。

これらリポタンパク質が新たな脂質が身体に入ってきたら取り込んで輸送していくというもの。

ちょっとややこしいですね?

まずリポタンパク質という血液中の脂質とアポタンパクがくっついたリポタンパク質がいます。

血液の中に脂質は溶け込めないのでこのような形に変身しているのです。

で、それは血液を移動しながら各細胞に脂質を運ぶものなので脂質を運ぶ、輸送するものでもあるのです。

で新たな脂質が身体に入ってきたらそのリポタンパク質に取り入れてまた運んでという感じです。

CM、VLDL、IDL、LDL、HDLの特徴の説明

先ほど血液中を移動できるリポタンパク質について説明させていただきましたが、CM、VLDL、IDL、LDL、HDLは全てリポタンパク質です。

どれも血液を流れるために変身した脂質というわけです。

脂質というわけあって脂質の一つでもある中性脂肪(トリグリセライド)が含まれています。他にも脂質の一種でもあるコレステロールも含まれています。

なのでこのリポタンパク質というものは様々な脂質を含み、そして血液中を移動できるようになったものということです

しかしこれらは作られる場所が違ったり、中性脂肪やコレステロール量が違うことでCM、VLDL、IDL、LDL、HDLと種類別されています。

ここではそれら特徴について説明させていただきます。

CM(カイロミクロン)…

小腸で作られます。中性脂肪(トリグリセライド)が多めに入っています。

少し形が変わってしまいますがやがて肝臓に入ることになります。

私たちが摂取した脂肪は最初の最初はカイロミクロンです。

摂取した脂質を一回肝臓まで運ぶというもの。肝臓に運ぶ一個手前に別名になっていますが、摂取した脂肪を一回肝臓に運ぶための脂肪の塊ぐらいに捉えていただくと分かり易いかと思います。

VLDL(超程比重リポタンパク)…

肝臓で作られます。もうすでに肝臓に運ばれる工程があるので、肝臓には脂肪があります。

のでそれら脂肪を血液中に運ぶためにVLDLというリポタンパク質に変身します。

ちなみに、中性脂肪(トリグリセライド)が多めに入っています。

っといってもカイロミクロンよりは少なめの量となっています。

IDL(中間比重リポタンパク)…

これは上記VLDLの中性脂肪が分解されて、中の中性脂肪とコレステロールの量が同じぐらいになったものを言います。

肝臓から出てきたVLDL。その中に含まれる中性脂肪が分解されて中身が中性脂肪とコレステロールの量半々ぐらいになったもののことを言っているだけです。

LDL(低比重リポタンパク)…

上記IDLに含む中性脂肪をさらに分解してコレステロールの方が多くなったものをこのように呼んでいます。そしてこの形になると細胞の中に入って行きます。細胞にコレステロールを運んでくるLDLの完成です!!

HDL(高比重リポタンパク)…

最後にHDLですが、これは逆に細胞からコレステロールを肝臓に運ぶためのものです。

主に肝臓で生成されます。肝臓で作成、血液中に放たれ、細胞のコレステロールをいっぱい集めて肝臓に戻ってくると言ったものです。

 

ちなみに少しややこしくなりますが、HDLコレステロールを運ぶ際に、HDLのコレステロールをLDLに運ぶタンパク質がいます。

このタンパク質の欠損は逆にHDLコレステロール血症と診断されてしまいます。これについては以下で書かさせていただいています。

なぜ脂質異常症になってしまうのかをCM、VLDL、IDL、LDL、HDL交えての説明

では最後になぜ脂質異常症になってしまうのかについておはなしさせていただければと思います。まず脂質摂取が増えることで脂質の吸収、低下がおこったり、肝臓での脂質の増加や低下が起こることでこれらリポタンパク質のバランスが崩れたりします。

これらが起こる要因はCMや、VLDL、IDL、LDLの中に含まれる脂肪を分化するための酵素(LPL)がうまく働かなかったり、肝臓から血液中に脂質を運ぶための最初の段階VLDLになるために必要なアポタンパク質(脂質が血液中を移動するために、変身するのに必要なもの)が少なかったり、細胞にコレステロールを運ぶLDLにするためにさらに脂肪を分解する酵素(HL)の活動の低下、LDLが細胞に入るために必要な箇所がうまく機能していなかったりなどで起こります。

そしてそれら原因となっているのが、食事、運動不足、ストレス、内臓機能障害、遺伝によるものなのです。

最後に

今回はリポタンパク質について(CM、VLDL、IDL、LDL、HDL)についてお話させていだきました。脂質異常症って言われてもなんかLDL、HDLとかよくわからないことでモヤモヤするな~とか、CM、VLDL、IDL、LDL、HDLってよくわからないな~って方の理解が少しでも増えていれば嬉しい限りです。

メニューを閉じる