脂質を輸送するために欠かせないリポタンパク質について(基本構造)

リポタンパク質とは?

リポタンパク質とは脂質とタンパク質が合体したものです。

ではなぜ合体するか?

それは脂質が血液に溶け込めないからです。

溶け込めない脂質でもアポタンパク質というアイテムを使ってリポタンパク質になれば血液に溶け込めるようになるのです。

いわば進化的なものです。

そのように進化すると血液の中に溶け込み、脂質を体の隅々まで届けられるようになるのです。

ので、このリポタンパク質とは脂質を運ぶ、輸送体というような言い方をされます。

新しい脂質が入ってきたら、またこの輸送体に脂質を取り込んで運ぶと言った感じです。

ちなみにこの脂質を運んでくれるリポタンパク質には入っている量に特徴があり、それによって名前が違います(※ほかにも特徴はあります)。

量に特徴があるため血液検査の血液をうまく分離してそれぞれのリポタンパク質の分量を調べることによって血液中の脂質状態をはかるのですね。

リポタンパク質の構造

早速リポタンパク質の構造について説明させていただきたいのですが、その前に少しだけ。

先ほど脂質と全てひとくぐりで話してしまいましたが、脂質(血液中の脂質)には様々な種類があります。

ちなみにですが血液中の脂質ということで『血清脂質』とも言います。

で、その血清脂質、いわば脂質にはどのようなものがあるかを説明させていただきます。

一つ目は、コレステロール

二つ目は、中性脂肪(トリグリセライド、TG)

三つ目は、リン脂質

四つ目は、遊離脂肪酸

そのほかにもありますが今回はこの代表的なものだけ書かさせていただきます。

名前が違うので働きも違いますが今は『血清脂質には色々な種類があるだ。へ~』ぐらいに思っていただければと思います。

ここで少しおさらいをします。

血液中の脂質には、コレステロールや中性脂肪などがあるが、これだけでは血液中に溶け込めない。

これらを血液中に溶け込ませるためにはアポタンパク質なるアイテムを使ってリポタンパク質になる必要がある。

リポタンパク質になることによって脂質を運べる。

リポタンパク質はいわば脂質を運ぶためのもの輸送体である。

新しい脂質が入ってきたらこの輸送体に取り込み運ぶ。

脂質にも色々種類があり、リポタンパク質にも色々種類がある。

リポタンパク質にはそれぞれ入っている脂質の量が違うため血液検査でどのリポタンパク質がどれぐらいの入っているかで血液中の脂質状況が確認できる。

では早速リポタンパク質の構造の話に移っていきたいと思います。

まず先ほど上記では脂質とアポタンパク質が合体してリポタンパク質になりますと単純に話してしましましたが、脂質というものが一つ、アポタンパク質が一つというようなことではありません。

上記で脂質には、コレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸がありますと言っていますがこれも全て一つずつな訳ではありません。

なのでこれらを変身させる前はどんな感じかというとこんな感じです。

で変身するとこんな感じです。

 

ちなみにこの変身する外側を切り抜くとこんな感じです。

変身の特徴は外側の層にリン脂質とコレステロール(遊離型)、リポタンパク質があり、

その中にその他脂質があるといった感じです。

この図では少し伝わりにくいですが、リン脂質の層があり、その膜の中にコレステロール(遊離型)があるといった感じです。

ちなみにコレステロールといったものが二種類あり不思議に感じた方もいるかと思います。

コレステロールとはそもそも2種類あります。エステル型というものと遊離型というものです。

でこの遊離型のコレステロールが外側に、エステル型のコレステロールは内側にあるといった感じです。

最後に

今回『脂質を輸送するために欠かせないリポタンパク質について』説明させていただきました。

脂質を運ぶのにも一苦労ですね。

ここではリポタンパク質の構造についてお話させていただきましたが種類については、

の方に書かさせていただいています。

メニューを閉じる