タンパク質ダイエットって?

そもそもタンパク質ダイエットって?

簡単にいうとタンパク質ちゃんと摂取しましょうね!本来必要な量をちゃんと摂取しましょうねということです。

ダイエットというとついついカロリーの制限ばかり気にして本来の栄養素や、タンパク質の摂取が疎かになってしまいます。そうするとどうなるか?効率的なダイエットが出来なくなってしまいます。ダイエットしているつもりが、ダイエットしていないなんて状況に!!『カロリー制限しているのにあんまり体重減らないな?』こんなふうに思ったことあるのではないでしょうか?では、たんぱく質摂取不足は何が起こるのでしょうか?

タンパク質摂取不足は何が起こる

ダイエットで一番大事な基礎代謝を逆に下げてしまうということが起こります!

なぜそうなるか?基礎代謝を上げるために必要な筋肉のもとであるタンパク質が足りず、筋肉が少なくなってしまうからです。

正直この内容ならそうよねと思われるかもしれません。しかし!!それだけではありません

タンパク質は三大栄養素と言われるだけあり身体にとって必要不可欠!!!

タンパク質は私たちの身体のいたるとことで使われています。

例えば血液中を流れる赤血球にも!髪にも、肌にも、ホルモンにも!っということはタンパク質の摂取量が足りないと、貧血になったり、髪がパサついたり、ホルモンバランスが悪くなったりするのです。

ダイエットをするのは誰しも綺麗になりたいからなのに、タンパク質の摂取が少ないせいで、身体の筋肉は低下、貧血で動けない、ホルモンバランス崩し体調崩すなんてなったら本末転倒なのです!なのでダイエットするときもしっかりタンパク質を摂取しようというものです!

タンパク質摂取について気をつけないといけないこと

ここまでの説明を読んで『よしタンパク質摂取するぞ~!!』と思っていただけたら嬉しいのですが、タンパク質の摂取量が多すぎてもこれまた困ったことが起こるので今回はそのことについても説明させていただければなと思います。

まず最初に、腎臓の機能の低下。なので腎臓の弱い方はタンパク質摂取量に気をつける必要があります。ちなみになぜタンパク質摂取が多いと腎臓機能の低下をもたらすかについてですが、おおざっぱにいうとタンパク質を身体の中で利用する時には身体にとって不要な物質が出て、それを処理するのが腎臓なのですが、タンパク質を摂取しすぎるほどその処理も多くなり腎臓に負担がかかるというもの。腎臓からするとタンパク質の取りすぎは、会社の社長さんに『働け~働け~』と怒鳴られているようなものなのです。人間が怒られると能力が低下するように腎臓もまた能力が低下してしまうのです。もう少し詳しくという方は、以下リンクに腎臓に関すること書かさせて頂いているので見ていただけると嬉しいです。

次に便の臭いがきつくなります!この理由をおおざっぱにいうとタンパク質の取りすぎは身体の筋肉になるのではなく悪玉菌のエサになるからです。悪玉菌にたくさんご飯を上げるとすくすくと増殖していき、私たちの腸内環境を劣悪にします。

タンパク質と便の関係に絞って以下で書かさせていただいているのでもしよかたら見てください。

ちなみにタンパク質を多く含む食品ってどんなものがあるの?

ここまでタンパク質摂取によってどうなるか?についてお話しさせていただきましたが、そもそもタンパク質はどのようなものに多く含まれているかについてもここで説明させていただきます。

ズバリ!!

肉、魚、卵、納豆、牛乳、ヨーグルト、大豆、豆腐、チーズです。

ちなみにソーセージやベーコンは一見タンパク質多そうですが、脂肪が多めとなっているのでオススメしないです。

あと脂っこいものもあまりオススメしないです。

コンビニで唐揚げ定直!肉!!っと思っても、そこには衣にたっぷりと含まれる脂肪がついてくるので気をつけてください!

ではどんなものならいいか?ですが基本は揚げ物は控えたいと言った感じです。と言っても食べたいものを我慢しすぎるのもあれなので脂質の量、タンパク質の量を見て、なるべく脂質少なめでタンパク質多くて自分の好きなお弁当を選ぶといいと思います。

なんでも無理は禁物ですから!

家で作る場合は油少なめの調理がいいです。

最後に

今回タンパク質ダイエットについてお話しさせていただきました!!もちろん食事だけでなく適度な運動も大事なので運動できそうだな?っと思った時には積極的に運動も行なっていただければと思います。ちなみに運動はタンパク質の吸収率もよくなるので!!ぜひ!!

メニューを閉じる