糖尿病になったら運動がいいというけど一体なぜ?

はじめに

糖尿病になると食事だけでなくできるだけ運動してくださいと言われた方もいるのではないでしょうか?

しかし、なぜそのようなことを言われるのか分からないとただ頷くだけになってしまうことも多いと思いました。

ですから今回は糖尿病になるとよく言われる運動についてお話させていただこうと思いました。

また他にも糖尿病に関する記事を書かさせていただいています。

糖尿病になるまでの流れ。インスリン抵抗性とはについては以下リンクで書かさせて頂いています。

糖尿病三大合併症については以下リンクで書かさせて頂いています。

 

 

どうして糖尿病には運動がいいのか?

運動をするのがいいと言われる大きい理由にインスリン抵抗性が改善されるということがあります。

インスリン抵抗性といってもイメージがつきにくいと思うので今回上記のような動画を載せさせていただきました。

インスリン抵抗性とは、何かしらの理由でインスリンが効きにくい状態になっていることですが運動をすることによってこれが改善されると言われています。

ではどのうような運動がより効果的かというと言わゆる有酸素運動というものです。

有酸素運動とは軽いジョギングやサイクリング、水泳などを言います。もう少し付け足すなら瞬発的でないものでなおかつ激しくないもの、ある程度継続できるような運動がいいと言われています。

数値的なものでいうと50歳未満の方なら1分間に脈拍が100~120ぐらいのも。50歳以降の方は脈拍が100未満になるぐらいの強度の運動です。

ではそれをどのくらいの時間どれくらいの頻度で行えばいいのかですが、できることなら毎日できることが理想と言われています。毎日でなくても少なくても1週間に3回程度行うことが望ましいと言われています。回数としては1日2回ぐらいでそれぞれ15分~30分程度すると良いとされています。

では次に運動が良いとされるもう一つの理由ですがこれは運動によって糖や脂肪酸の吸収をし、なるべくインスリンを使う量を減らそうというものです。

よく運動を食後30分から1時間頃が望ましいと言われることが多いと思いますがこれは上記の糖や脂肪酸の吸収に大きく関連してきます。

まず私たちが食事を食べると糖が血液中に多く存在し、インスリン作用により糖や脂肪酸が肝臓に吸収されます。

しかしインスリンの働きが弱かったり、または電達がうまくいかなかったり、インスリンの分泌が少ないと本来吸収されるべき糖が吸収されず何かしら(薬など)でその足りないものを補わなければいけなくなります。

食後このような状態の時に運動することによって本来余ってしまう糖をエネルギーとして使ってしまおうというものなのです。

脂肪酸の吸収も上記とほぼ同じようなことでインスリンの欠乏が起こると通常以上に脂肪が分解されてしまいます。そうすると体内に脂肪酸が多くなってしまいます。この脂肪酸を運動のエネルギー源として使ってしまおうというものです。

運動はこれだけにとどまらず他にもいい効果が得られます。例えば高血圧の改善。その他心肺機能の低下など。運動が好きな方にはストレス解消にもなります。

正直運動というと苦手な方とかそれどころじゃない方などは結構億劫になると思いますが案外いざ出てちょっと歩いてみるととてもいい気持ちになることがよくあります。

運動することによってこれらの効果が得られればなお。運動しない理由が見つからないとは思いませんか?もしかしたら薬を飲まなくてもいいようになるかもしれませんし。

もちろん運動だけではいけません。

運動ってこんなに効果があるのか~。じゃ、食事の分だけ運動したり、なるべく運動するようにしたらあとは気にしなくてもいいんだ~。と思われている方が出てくると思いあえてこれだけを言うために目次を追加しました。

もちろん運動するからといって食事療法などをおろそかにするのはダメです。

運動する時に注意しておきたいこと。

運動をした後はお腹減ったー。よしたくさん食べようとなりますが、ここでの過剰摂取には気をつけてください。

運動をすることで糖を使うので逆に低血糖になることもあります。たくさんの運動をする時は捕食などして低血糖予防を忘れないようにしてください。

もちろん運動するからには準備運動適切な服装で行うようにしてください。

運動する時が極度に暑い時寒い時あると思います。体温調節を気をつけるようにしてください。

こんな方は運動する時はお医者さんに相談するなどしてください。

ここまで運動の効果などについてお話させていただきましたが糖尿病でも運動は避けた方がいい、または制限した方がいいという方がいます。

それは三大合併症など糖尿病になったことで他の病気になってしまっている方、糖代謝のコントロールが極端に良くない方や骨格筋など何かしら異常がある方です。

これらに当てはまる方は必ずお医者さんに相談するようにしてください。

最後に

今回は糖尿病で運動がいいと言われる内容についてお話させていただきました。これだけ運動するとメリットがあるんだ運動しようかなと思っていただけたら嬉しい限りです。そして本当にインスリンの節約、インスリン抵抗性の改善は運動療法の最大の魅力です。

メニューを閉じる