葉酸が必要なのは妊婦さんだけではありません。貧血?鉄不足?貧血になる原因は鉄不足だけではないんです!

そもそも葉酸はなぜ必要なのか?葉酸について詳しく

そもそも葉酸とは、実は私達の腸内細菌により合成されるため欠乏症は起こりにくと言われていたりもします。え!?じゃ、やっぱり別に必要じゃないじゃんと思われた方。もう一度言います。起こりにくいです。(実をいうとちゃんとした本でも言っていることが逆で、葉酸は必要量が多いので比較的欠乏しやすいとも言われています。)しかし、特定の条件では逆に葉酸不足になりやすいこともあります。っとその前に葉酸の働きについて書かさせてください。そもそも葉酸とは新しい赤血球を作るのに大事な働きをしています。では赤血球を正常に作れないとどうなるかというと貧血です!。貧血というと、良くなるあれねと軽く捉える方が多いかもしれませんが、貧血は言うなれば酸素不足の状態です。症状としては動悸、めまい、食欲不振、四肢のしびれなどがあります。貧血と言うと鉄分だから葉酸と言うよりお肉とかの方が、大事なのではないのと思われる方!もちろん大事です。しかし貧血にも種類があり、鉄不足でなる貧血、赤血球がうまく作れない貧血などがあり葉酸不足では後者の方の貧血を起こしてしまいます。ですからいくら鉄を沢山取っても治らない貧血が存在すると言うことです。では、先ほどの葉酸不足になりやすい方とはどう言う方かを説明させていただきます。

 

葉酸不足になりやすい方

葉酸不足になりやすいのは妊婦さんの他に、経口避妊薬や薬を長期服用されている方、アルコール依存症の方、肝臓に障害のある方、小腸などを切除した方などが挙げられます。では一つずつ説明させていただきます。経口避妊薬や薬を長期服用すると葉酸の吸収が障害されることがあり、普通の人と同じ葉酸の摂取量でも吸収が少なくなってしまい葉酸不足になってしまうそうです。次に、アルコール依存症の方、肝臓に障害のある方に関してですが、これは肝臓に障害があると葉酸の貯蔵が減少してしまうことから、葉酸不足になりやすいと言われています。小腸などを切除した方に関しては、腸内細菌で合成されるはずの葉酸が腸切除のため少なくなり葉酸が欠乏しやすいと言われています。ですからこれらに当てはまる方は特に葉酸の摂取に気をつけていただけたらと思います。

葉酸はどんなものによく含まれるのか

葉酸はその名の通り、ブロッコリーやほうれん草などの緑葉野菜に多く含まれるので、日々の食事に緑の野菜が足りないと思った方は積極的に献立に入れていただけたらと思います。肝臓や卵黄にも多いと言われているのですが、特に肝臓では過剰症も報告されていることもありできれば緑葉野菜などで摂取していただけたらと思っています。

最後に

今回葉酸についてお話しさせていただきましたが、日々の食事はバランスが大事です。さらに貧血だから葉酸が原因かと言うと、あくまで葉酸が原因の貧血もあると言うことなので、まず何が原因かをお医者さんで診断してもらうのもいいかと思っています。その他に貧血気味だなと思うときはすぐ食べてすぐに治るものではないので、体調が悪くなったらとりあえずイスに腰掛けるなどして休んで、あまりにも治らないようだったら近くの人に助けを求めるなどした方がいいと思います。無理をしすぎず。なるべく健康的な日々を心がけて頂けたら嬉しいです。

メニューを閉じる